リトミックとは

リトミックは、20世紀初頭に、スイス・ジュネーブの作曲家で音楽教育家でもあったエミール・ジャック=ダルクローズ博士によって創案された音楽教育法です。児童心理学・生理学の観点から、大切な幼児期の人格形成教育として知られています。

「音楽を手段として、個々の知的能力と肉体的能力の調和をはかる」
(エミール・ジャック=ダルクローズ)

リトミックは、楽しく音楽と触れ合いながら、基本的な音楽能力を伸ばすとともに、身体的、感覚的、知的にも、これから受けるあらゆる教育を充分に吸収し、それらを足がかりに大きく育つために、子どもたちが個々に持っている「潜在的な基礎能力」の発達を促す教育です。

ハイファイブのリトミック

ハイファイブのリトミックは、音を聴き取る力やリズム感などの音楽的能力や表現力を養うだけでなく、想像力や創造性、注意力、集中力、思考力なども引き出そうと考えています。
従来の教育の目的である、「知識や技術の習得」ではなく、子どもたちが持っている「潜在的な能力を育む」ことに重きを置いてリトミックを行っております。

リトミックが欧米各国に広まり、音楽教育、幼児教育のほか、芸術、舞踏や演劇、体操などの分野にも影響し、発展しているのは、音楽の基礎能力を高めるだけにとどまらない「総合的な人間教育」。この部分に共感を持ちリトミックを実践しています。